facebook 集客を個人で成功させ、結果を出したい。

 

そう思われるシーンは沢山あると思います。

 

今回はそんな、facebook 集客を個人で成功させ稼ぐコツについてここ5年以上実践し、研究してきた結果を公開して行きたいと思います。

 

facebookの集客、個人で結果を出すコツ

facebookの集客を個人で行い収益を出そうとした時の運用の方法を書いていきたいと思います。

 

お客さんを集める事を考えた時にSNSの存在は欠かすことができません。

 

SNSで代表的なものでは他に、InstagramやTwitterが有名どころでありますが、その中でもfacebookで集客を個人で行うツールとして使う事を考えると、かなり貢献できるSNSです。

 

というのが、フェイスブックはユーザー(利用者数)が日本で2千800万人、そして何と言っても登録が実名というところが信頼性を高めています。

 

facebookの集客で個人アカウントを使ってお客さんを集めていく際、一番大切なことは、タイムライン上でセールスや販売をしないという事です。

 

基本的に、facebookは友達との社会的繋がりを作っていくことが目的なのです。

 

では、facebookで集客を個人アカウントを育成するには具体的にどうしたらいいのか?

 

まずは、facebookの集客を個人のアカウントで行い育てるために、ファンを一人でも多く作る事に力を入れる事です。

 

とにかくファンを獲得する事に力を入れるのが大事です。

 

初心者さんは、最初から成果を出すための人と繋がる事は大変困難です。

 

facebookの集客は個人ページで友達を作ろうとすると、上限数は5,000人迄と制限があります。

 

ですから、最初のうちはとにかく5,000人を目標にして、誰でもいいので友達を増やす事に全力をあげて注力します。

 

友達申請する際、ビジネス関連のグループに入るのもオススメです。

 

かなりの数がありますので、興味のある特定のグループに参加するのも一つの方法です。

 

5千人をあなたのアカウントで集めていく中で、色々な事柄に関して学ぶことになります。

 

例えば、投稿する写真の種類やタイトルの付け方、文章の読みやすさなど、出稿すればするほど経験するはずです。

 

そうして、友達が5,000人に近づいて来たら、今度は友達を解除していきます。

 

これは、友達の質を上げていくという理由からです。

 

例えば猫が大好きな人はペットの情報ばかりに興味を示しますし、ラーメンが大好きな人はラーメン屋さんの発信をしていると思います。

 

そういう人は削除した方がいいという事です。

 

要するにfacebookの集客を個人アカウントで行う際、暇つぶしの人が多い傾向があるので、そういう人を外していく必要がある訳です。

 

その中でも、潜在的に見込み客になりそうな人を選別していくという作業です。

 

最近全くログインしていない人や外国人も解除です。

 

更に個人アカウントのページを使ってfacebookの集客をする場合、目的にあった情報を配信して信頼を高めることがコツと言えます。

 

例えば、キャットフードを販売するということが目的ならペットに関する情報を投稿して、信頼を構築することから始めた方がいいです。

 

その目的に関連した有名人などがいたら、その人にコメントしたりしているファンと繋がったりするのもいいです。

 

ただし「いいね!」はなんとなく押す人が多いので「特殊いいね!」を押す人を優先したいですね。

 

「特殊いいね!」ただし、上記で記載しておりますがが、個人アカウントページfacebookで集客する場合、タイムライン上でビジネスをしてはいけません。

 

何故かというと、フェイスブックは他社メディア等へのリンク(外部に行ってしまう事)を嫌っているからです。

 

タイムライン上に外部リンクを貼ると制限がかかり拡散するのが規制されるためです。

 

これは、facebookの集客を個人アカウントでしようとする人がいるので、できるだけ排除したい狙いがある為です。

 

そのため、facebookで集客を個人で行いビジネスに繋げるという目的を達成するためには、直接個人ページで販売をするのではなく、リストを所得する事に特化した方が、よりビジネスに繋げていくことができます。

 

リスト取得は、当然LP(オプトインページとかランディングページとも言います。)を用意します。

 

しかし、facebookで集客を個人ページで行う際、中身が少ないページや質の低いランディングページはフィードに表示させないよう対策していると公表しています。

 

そのためにリンクは本文内には記入せずに、コメント欄に記入するか、もしくはリンク無しで投稿し、その後編集してリンクを挿入します。

 

あなたがfacebookで集客を個人アカウントで行っていく時は、気をつけなければいけないことがあります。

 

それはエッジランクです。

 

フェイスブックは読者さんに情報を届ける為、友達全員の投稿を全部表示してるのではなく、日頃から交流のある人を優先して表示します。

 

ニュースフィードは2通りの設定があります。

 

それは「最新情報」とそれから、「ハイライト」です。

 

始めは「ハイライト」に設定されています。

 

この「ハイライト」の設定(デフォルト状態)の時、タイムライン上に出すかどうかはの判定は、エッジランクが決めています。

 

そのため、エッジランクをどんどん良くしていく為の記事投稿が必要です。

 

最近は、エッジランクという呼び方ではなく、アルゴリズムというのが一般的になってきています。

 

エッジランクの判定はどういうアルゴリズムなのかというと「親密度、そして重み、更には経過時間」で決まります。

 

そして更に、ネガティブフィードバックというスコアが加算されます。

 

「親密度」というのは投稿してくれた人に対してコミュニケーションが取れているかどうか。

 

「重み」とは日頃からのどれくらい交流を持ってるかで決まります。

 

具体的にはコメントやいいね、シェアなど利用の度合いで評価されます。

 

「経過時間」というのは記事が投稿されどの位時間が経ったのかです。

 

新しい投稿程、ウォールに表示されます。

 

そのためfacebookの集客を個人ページで行う為に投稿する時は、時間帯も考えて出稿した方がいいです。

 

一番みんなが出社する前辺りのスマホチェックする7時、お昼の食事時の12時、晩御飯を食べてホットした時、21時の利用されやすい時間帯を
活用するのがベストです。

 

これらは重みより親密度が重要視され、重みより時間経過が重要視されます。

 

つまり

 

1.親密度 2.重み 3.経過時間

 

この順番で重要視される訳です。

 

これに加えてネガティブフィードバック、即ち批判的なコメントやいいねの取り消しが影響します。

 

このことから、facebookの集客を個人でしようとしたら日頃からのこまめな投稿と返信、ユーザーが欲しがる内容の濃い情報を。発信するように心がけるようにしたいものです。

 

facebook 集客を個人で行う更なるコツ

faccebookの集客を個人で行う場合に気をつけなければいけないことの一つに、プロフィールを大切にすることがあります。

 

特に写真に関しては非常に重要で、フェイスブックのいいね数は写真で8割も変わるほど効果があります。

 

よく子供の写真や自分の学生時代の写真をを掲載している人や、まして写真がない人を見かけますが、つまらない印象を与えてしまい、友達申請をしても承認していただく価値をお伝えする事ができません。

 

プロフィール写真は運転免許証のように無表情ではなく、笑顔を意識すること、特に明るい表情をおすすめします。

 

また、faccebookの集客を個人で行う場合に文章の使い分けも注意する事項の一つになります。

 

語尾が「〜です。」で終わる文章があるとして、何度も何度も「〜です。」を使用する頻度が多い文章だと大変単調になり、とても読みづらくなるため改善することをおすすめいたします。

 

また、特にpcで文章を入力する場合、漢字変換をソフトがやってくれる機能があり、メリットではありますが、反面デメリットとして日頃使わない難しい文字やあまり使わない言葉まで変換される事があります。

 

そうすると、大変漢字の多い読みにくい文章になりやすいので工夫が必要となります。

 

faccebookの集客を個人で行う場合に、投稿で文章と文章の間を1行空けて作成したい時があると思います。

 

しかし、実際に投稿画面で1行空けて入力しても、投稿後の画面を見てみると改行が発生
していなくて、行が詰まっている状態を経験したことはありませんでしょうか?

 

投稿後に1行空けて改行されるためには、改行した所に1文字分の空白スペースを入れると、投稿した時に文字の間が空白ができ、見やすい流れになります。

 

faccebookの集客を個人で行う場合、ツイッターやインスタグラムのようにハッシュタグが使えると便利だと思ったことはありませんか?

 

実はフェイスブックにもハッシュタグが使えるんです。

 

フェイスブックは投稿がタイムライン上に表示されますので、投稿が古くなってくると順位自体が下位の方に流れていって見つけにくくなっていくことはご存知と思います。

 

しかし、ハッシュタグを使うことによって、過去の投稿記事を簡単に見つけることができる仕組みになっています。

 

しかし、ハッシュタグの使いすぎに関しましては、フェイスブック側が宣伝とみなす傾向があり、拡散がしづらいというような状況がありますので注意が必要です。

 

それだけではなく、利用ユーザーにとってもウザいなどという、自分中心的な反応が発揮されてしまい、距離を置かれる原因になりやすいということを知っておく必要があると思います。

 

また、文章内にハッシュタグを使う場合は、その前後に半角スペースを入れることを忘れないようにしたいものです。

 

faccebookの集客を個人で行うときの更新頻度に関しましては、多くの人が自身の記事を沢山の人に見ていただきたいと考え、何度も投稿しようとする傾向があります。

 

しかし、投稿が多すぎるとエンゲージメントの測定値が低下するという結果が、米国の調査会社から発表されており、週5回ぐらい、1日に1回以下ぐらいが理想的だと言われています。

 

逆に、あまり少なすぎると忘れられるということも知っておく必要があります。

 

記事の内容に関しては、基本的に政治や宗教の話題提供は徹底して投稿しないこと、そして先述もありましたように、売り込みやビジネスの案内も、セールスを嫌うメディアという特徴がありますので、あまり触れないようにしたほうが賢明でしょう。

 

もし、どうしてもURLのリンクを入れたい状態の時は、メイン記事中に挿入するのではなく、コメント欄に入れたり、コメント欄の中に画像を入れてリンクさせるような工夫をしたほうがいいでしょう。

 

フェイスブックは他社メディアへの外部リンクへアクセスし、誘導されることを嫌う傾向があります。

 

ニュースフィードに投稿した記事を多くの人に見ていただくようにするには、いいねやコメントをすることでより促進しますが、コメントに後でまとめて返信するより、その都度返信するほうが、投稿を上位に上げることに貢献します。

 

また、投稿の時間管理も大切で、新着から1時間がアクセスの中心となりますから、通勤時間や昼休み、帰宅時間を参考にして、7時、12時18時頃の投稿が重要になります。

 

faccebookの集客を個人で行う場合の基礎的な戦略の一つに、いいね返し、シェア返し、コメント返しがあるとお伝えしましたが、友達リストを作成してそれに登録した人だけを選択して、一斉に返信できるというシステムがあります。

 

作り方としては、ホーム画面の左下の「もっと見る」をクリックすると「友達一覧」があり、それをクリックすると友達の事項が現れますが、その中に新しく「いいね」「シェア」「コメント」の事項を作ります。

 

デフォルトでは出身地や出身校や親しい友達などの項目がありますが、上の方の「+リストを作成」をクリックして新しく3つの項目を作成してください。

 

「いいね」をつけた人の名前にカーソルを合わせると、下の方に「友達」という項目があり、さらにそれにカーソルを合わせると「親しい友達」「知り合い」「他のリストに追加」が現れます。

 

「他のリストに追加」をクリックすると、先ほど作成した「いいね」「シェア」「コメント」が現れ、該当するものをクリックすると保存登録されます。

 

faccebookの集客を個人で行なっているうちに、こちらから積極的に「いいね」「シェア」「コメント」をしていっても全く通知がこない事例も出てきます。

 

何の反応も無いそんな人達は、拡散するための満足なお客様になり得ませんし、友達の上限5,000人に対して邪魔になりますので、順次削除をして、そしてまた新しい人を友達申請して入れ替えるのが最善の方法です。

 

大量の友達リクエストを送信した場合や、過去に送信した友達リクエストが未承認のままになっている場合、送信した友達リクエストが迷惑行為として報告された場合、などで友達申請リクエスト機能が停止するようで、最悪の場合アカウント停止になります
特に、友達申請しても何の反応もない未承認の数がある一定の数に溜まってきた場合、申請をキャンセルしましょう。

 

フェイスブック側は発表はしていませんが、友達申請の未承認数が溜まりすぎるとペナルティの可能性があります。

 

Facebookの集客を個人で行う時、さらに質の良い満足できる人々を募集する方法に、フェイスブックグループという自分の専門のコミュニティーを導入して、さらに内容の濃い飛躍した情報に誘導していくと言う方法があります。

 

自分の商品の販促に関連する内容の話題を投稿して、Facebookの集客を個人ページからフェイスブックグループへ誘導していけば、自身が目的とした内容に関心がある人ばかりになりますので、大変強みのある環境になります。

 

先々は自分のフェイスブックグループに参加せずにいる人や、「いいね」やコメントをしない人を削除の一環した基準に考えていくことも一つの方法です。

 

Facebookの集客を個人で行う場合、どうしても自分の販売したい商品の投稿頻度が多くなり、販促ばかりをしたくなります。

 

しかし、その事が迷惑行為として受け取られ、フェイスブック側に通報される原因になりやすくなります。

 

結論として、フェイスブックを使用したビジネスを考えた場合、販売したい商品に関する分野の情報提供を話題として投稿していき、「いいね!」や「コメント」が貰えるような投稿内容にしていく事で口コミを促進させる事が重要な要素となります。