アフィリをこれから始めたいと思った時、まずは無料ブログ等から始められる方も多いと思います。

 

私も例外なく無料ブログから始めて今は、毎日沢山の方に検索エンジンで上位に来る記事の書き方の手順やノウハウ等を指導させて頂いてたりするのですが、非常に多くの方からSEOに関しての相談を受けたりもするので、Googleに好んで貰える記事の書き方を具体的に説明して行きたいと思います。

 

この記事を上から下まで集中して読んで頂く事で、SEOで上位表示する為のコツが分かり、検索エンジンで上位を狙って行ける記事の書き方が分かります。

 

アフィリエイトの初心者で記事の書き方が分からないと迷ってしまう事なく、月収100万円以上の収入ですらも射程圏内に入って来ますので、毎月大きな売上を達成して、沢山の報酬をASPから貰って下さい。

 

またこの記事には、膨大な資金を投じて来なければ知る事ができなかったノウハウ委やテクニック等、ネットのどこにも書いて無い様な情報も沢山盛り込んでUPしたいと思いますので、あなたのアフィリエイトサイトやブログの作成にお役立て下さい。

 

目次

アフィリエイト 初心者の記事の書き始め方

まず大前提として一番最初にこれから大事な部分をお話ししていく前に記載しておきますが、多くの方は、『カンタンでスグにできる方法』を好みます。

 

そして、もっと簡単な方法は無いのか、文字も少なめで良い手法は無いのか?と手軽にできる方法を探しがちです。

 

ネットでも沢山のSEO教材が販売されていたリしますが、実はGoogleやYAHOO!で検索エンジン上位表示できる方法はいくつもある訳では無いです。

 

基本的に1つしかありません。

 

ですので『他にスグ上位表示する方法は無いのか?』といくつも期待して探してしまいがちですが、探せば探す程無駄だという事、そんなに幾つもやり方はある訳では無いという事を抑えておいて下さい。

 

基本的に私は具体的なアフィリエイトの初心者で記事の書き方を探しても、やり方は1つしかないと思っています。

 

アフィリエイト 初心者で記事をこれから書いていく際、多くの人が記事をいきなり書き始めてしまいます。

 

ですが、記事を書くのは待って下さい。

 

記事を書くのに慣れている私も昔全然収益を得る事ができなかった頃は、いきなり記事を書き始めながら考えていましたが、ここ数年間はいきなり記事を書いた事が無いです。

 

何をしなければいけないのか?というと、記事の設計です。

 

今回はアフィリエイト 初心者の記事の書き方という事で、キーワード選定ができてるものと過程して話をスタートさせますが、例えばこの記事『アフィリエイト 初心者 記事の書き方』というキーワードで上位表示を狙いたいと思います。

 

その際にまずやらないといけない事はリサーチです。

 

『アフィリエイト 初心者 記事の書き方』でやっていきたいと思ったら、『アフィリエイト 初心者 記事の書き方』と検索してみて下さい。

 

そうすると、1ページ目にグーグルの検索結果が1位から10位迄出て来ます。

 

これらの記事を1つずつ見て行くと、すでにもう答えが各検索結果で表示されてるページに書かれています。

 

これにて、『アフィリエイト 初心者 記事の書き方』の説明は終わります。(^^/

 

というのは冗談ですが、でもまさに本当にこの検索エンジンの1ページ目に表示されるページに表示されるページ構成をよく見て下さい。まさにそのページの中に、どういう風に書けばいいというその答えは全て書いてあります。

 

具体的に解説していきますが、まずは検索ユーザーはその検索ワードを入れてる時何を考えて入れてきたのか、その時の気持ちを想像する事です。

 

私だったら、『アフィリエイト 初心者 記事の書き方』と入れる時に何を知りたくて、このキーワードを入れてるのかな?と真剣にリアルに想像する事です。

 

想像できて来たら、何を書けばその気持ちの答えを返せるのかな?という話題を決めて行きます。

 

ブログの記事構成としては基本パターンこんな感じです。

・冒頭
※1.キーワードに関しての問題や疑問のあぶり出し

2.寄り添ってあげながら、その答えを教えると伝える

3.更にこの方法を知ったあなたはどうなるという事を伝える

・見出し
・記事(見出し検索ワードに対しての答えの補足)

・見出し
・記事(見出し検索ワードに対しての答えの補足)

・見出し
・記事(見出し検索ワードに対しての答えの補足)

・見出し
・記事(見出し検索ワードに対しての答えの補足)

・見出し(検索ユーザーの答えを返した後に更に役立つ情報記事や答えに関係する記事)
・記事

・・見出し(検索ユーザーの答えを返した後に更に役立つ情報記事や答えに関係する記事)
・記事

 

 

書く内容をテンプレート化すると、上記の構成です。

 

見出しを書いて記事を書く訳ですが、見出しは全部で5つなのか?というと5つと決まってる訳ではありません。

 

訪問者が入れてきたアクセスしてきたワードに対して、ちゃんと答えをしっかり返す事ができてる内容を網羅的に記事を書く事ができたのか十分理解して貰う事ができる記事構成の流れになっているのかどうか?がポイントです。

 

WordPressやサイト等の、見出しに関してはテンプレートによって、ブログタイトルが
h1で、サブキャッチがh2が使われていたりして、このあたりの配分はテンプレートによって違います。

 

見出しタグのh1,h2,h3が数字順に出て来ないとHTMLの文法上例えば、h2とかで見出しを作ると、h1ブログタイトル、h2サブキャッチ記事タイトルと使われてるのに、また文章の中の見出しでh2にさかのぼってしまう様なおかしな見出しになって行きますので、h3タグで見出しを作る事がお勧めです。

 

具体的には記事タイトル以下の様に記述して行きます。

 

ここに1つ目の見出しタイトル

見出しに対してその答えを記事として書いて行きます。

ここに2つ目の見出しタイトル

見出し2に対してその答えを記事として書いて行きます。

ここに3つ目の見出しタイトル

見出し3に対してその答えを記事として書いて行きます。

3つ目の見出しに対して更に詳しい少し違う話題を提供する時

3つ目の記事の見出しを立てて記事を書いた後に、 補足で更なる文章を見出しを付けて公開する際、 3つ目の見出しタイトルの話題と関係のある話だけど、 少し話題が違う場合は タグで上記の様に囲み3つめの見出しグループの中の さらなる見出しを作ります。 例えば『体育』のサイトを作っていて、

水泳は全身運動

という見出しを作って、クロールの事、平泳ぎの事をより詳しく書きたい という場合は、

水泳は全身運動

の後にこの様に見出し 水泳は全身運動 の見出しに対しての記事を書いた後に
クロールについて
クロールは手を背伸びをした状態でぐるぐる回しながら、足はバタ足で泳ぐ種目です。 息継ぎに関しては・・・・・ ・・・・・
平泳ぎにについて
平泳ぎは・・・・・ ・・・・・
背泳ぎにについて
背泳ぎは・・・・ ・・・・ ↑ という感じで タグで中見出しを作って記事を記載して行きます。 更に中見出しではなく、 水泳は全身運動 に対しての小見出しを 以上にもっと作る時は 、もう一つ小さい見出しを作る時は、 を使います。 【例えばこんな感じです。】 ↓ 水泳は全身運動 の後にこの様に見出し 水泳は全身運動 の見出しに対しての記事を書いた後に クロールについて クロールは手を背伸びをした状態でぐるぐる回しながら、足はバタ足で泳ぐ種目です。 息継ぎに関しては・・・・・ ・・・・・ 平泳ぎにについて 平泳ぎは・・・・・ ・・・・・ 背泳ぎにについて 背泳ぎは・・・・ ・・・・ 水泳にはゴーグルも必要です 水泳はゴーグルが無いと目が痛くなります。 ・・・・ 水泳にはキャップも必要 水泳をする際は、頭にナイロン製やゴム製のキャップを被る事も大事です。 これが無いと髪の毛が泳いでる最中にぐちゃぐちゃになりますし、 ↑ みたいな感じで見出しを使っていきます。

 

文章の書き方としては上記の感じで見出しを作り、記事を書き、見出しを作り、記事を書き1記事を書きあげて行きます。

 

そしてその答えをすぐに返してあげる内容にする事が大事です。

 

ただいきなり記事の冒頭から、

 

『アフィリエイトの初心者の記事の書き方は・・・・』と何の前フリも無く書き始めて行くと雑過ぎるので、まずはあなたは今こんな事に悩んでますよね。こういう事を調べようとしてますよね・・・と、丁寧に書き出していく必要があります。

 

イメージとしては、パソコンに向かって答えを書くのではなく、リアルに対面で説明してるのと同じだというのをイメージして、丁寧に教えてあげようとしたら、どんな風に話しかけて本題に入って行くのかな?という事をイメージすれば良いです。

 

あなたの役目はまさに案内役です。

 

そこをイメージすると、記事の一番の書き始めは、『この事を探していますよね。』とか『アフィリエイトの初心者の記事の書き方をマスター出来たら凄く稼げる可能性がグッと上がりますよね。』とか冒頭で検索者さんの問題を更に濃くあぶり出してやります。

 

そしてそのあぶり出した問題に対して、こんな感じで調べたよとか、こういうキャリアを持ってる私が詳しくお伝えしますね・・・と案内して行く訳です。

 

更にこの内容を確認するとあなたはこうなるよ!というベネフィットを伝えて、この記事を読む事で得られるものを具体的に伝えます。

 

ここまで伝えて初めて、各見出しに入っていく訳です。

 

具体的にどういう風に?というと、まさにこの記事の記事タイトル下1行目の部分から、次の見出しが始まる迄の部分、まさにコレです。

 

この

 

1.キーワードに関しての問題や疑問のあぶり出し
2.寄り添ってあげながら、その答えを教えると伝える
3.更にこの方法を知ったあなたはどうなるという事を伝える

 

というスタンスで実際読者さんに伝えたところで、ここで初めて本題に入って行きます。

 

実際にここまでどの位の文章量を冒頭で書けばいい?という疑問も出てくると思いますが、長すぎてもダメです。

 

いつまでも前置きが長くて、答えをなかなかもったいぶって教えてくれないなんて、親切ではないからです。

 

冒頭を短めでしっかり訪問者さんを興味付けしたら、検索結果に対しての答えを返してあげます。

 

アフィリエイト 初心者の記事の書き方 注意ポイント

アフィリエイトの初心者さんの記事の書き方の注意点をお伝えします。

 

ここまでで検索ユーザーの検索ワードに対して答えを返してあげる事はお分かり頂いたと思いますが、その他いくつも見出しを作り記事を書いていく中で、どういう話題を見出し書いて記事を書けばいいのか迷う方も多いと思います。

 

また迷わなくても、好きな事を書いて今の検索エンジンで受け入れて貰えるのか?というと、好きな事を自由におもいつくまま書いて行っても検索エンジンで評価されません。

 

では何を書けばいいのか?というと、あなたがこのキーワードで上位表示をしたいと思ってキーワード選定したキーワードを実際グーグルで検索してみて下さい。

 

グーグルで検索した際、検索結果の下に【〇〇〇に関連する検索キーワード』というのが出て来ます。

 

読者さんが検索してきたキーワードの答えが分かると同時に合わせて知りたいのは、これらの話題です。

 

ですので、この、検索結果の下に【〇〇〇に関連する検索キーワード』のキーワードと狙ってるキーワードをMIXさせて見出しを作りその答えを記事として書いていく訳です。

 

更に上記でも記載した

 

・見出し(検索ユーザーの答えを返した後に更に役立つ情報記事や答えに関係する記事)
・記事

 

・・見出し(検索ユーザーの答えを返した後に更に役立つ情報記事や答えに関係する記事)
・記事

 

の部分に関しては、検索キーワードに対して、更に役に立つ情報をしっかり提供できればOKです。

 

一番のベストはあなたしか語れない様な検索ユーザーに対して役に立つ情報が提供できれば、最も最強です。

 

そして冒頭から見出し⇒記事、見出し⇒記事、見出し⇒記事を上記の様に繰り返し、何回位見出し⇒記事を繰り返せばいいのか?というと、何文字でOKという様なものはなく、【検索ユーザーの調べたいキーワードに対しての答えを十分に教えてあげる事ができて、もう検索する必要が無くなる迄が終わりです。

 

全体を通してですが、狙ってるキーワードで共起語を抽出し、1ページの中でできる限り共起語を使い切る事です。

 

特にはじめの頃は作成していく文章に共起語を使っていく事が難しく感じる事が多いと思いますが、何度も文章を作って行くと、少し慣れて来ます。

 

コツは文章作成前に共起語一覧を見る事、文章を作成しながらも共起語を見ながら文章を考えていく事です。

 

何度も見てるうちに、何の共起語が残っているのかだんだん頭の中に入って来ますので、文章を書きながら見る、文章の中で使ったら消すというのを繰り返して、記事を作成していくと良いです。

 

2画面で作業できる場合は、片方の画面に共起語リストを表示させながら、もう片方の画面で文章を作成して行っても良いですし、1画面しか無いという場合は、共起語をプリントアウトして記事作成中にずっと眺めながら記事を作成して、共起語リストに出てきた単語を文章の中で使用したら、リストから消すという事を行っていくと良いです。

 

共起語の抽出には、以下の2つを使用しています。

 

・サクラサク
・エンティック

 

どちらかで良いという訳では無く、最初はサクラサクで共起語を抽出して文章を作成しますが、記事を書き終えてもどうも順位が1ページ目以外で上がって来ないという場合はエンティックを使用して、共起語を抽出して行きます。

 

また狙ってるキーワードを文章の中でキーワード比率5%位を狙って配置して行きます。

 

キーワード比率5%って大体どの位と思われると思いますが、大体500文字に1回位狙ってるキーワードが出てきてるとキーワード比率5%に近くなって行きます。

 

ちなみに、今ここまで読んで頂いてる中で、SEOの事を徹底的にマスターして、軒並みSEOでGoogleやYahoo!で検索上位に入る為のスキルを徹底的にマスターしたいという場合は、このページの最上部にあるアフィリエイトで1番最速で1番安全な方法のプレゼントを申請して、徹底的にSEOをマスターして稼ぐ仕組みを構築なさって下さい。

アフィリエイトの初心者の記事の書き方をテンプレート化してみた

アフィリエイトの初心者の記事の書き方を目的のサイトやブログの趣旨に合わせてテンプレート化してみました。

 

基本的には、上記でお伝えした様に、

 

冒頭
見出し
記事
見出し
記事
見出し
記事

 

という感じで書いていくのですが、もう少し詳しく書いて行くと、先に検索ワードの答えを返した後起承転結になる様にして記事を書いていくのがおすすめです。

 

ただ起承転結になる様に・・・と言っても1ページ1ページの検索目的によって少し、検索ユーザーが共感を持って貰えるポイントが違うので、アフィリエイトでよくあるタイプの記事別に、アフィリエイトの初心者の記事の書き方をテンプレート化してみます。

 

アフィリエイトでよくあるWebページで、レビューや評判を記事にするという事はよくあります。

 

レビューや評判を検索して来る肩は、購買意欲が高く、買おうかな、どうしようかな?と思って真剣に調べてる人が多いですので、そういう方に上手くレビューや評判記事を公開してSEOで検索上位表示できればしっかり集客して成約に繋げていく事ができます。

 

具体的にどういう流れの評判やレビュー系のアフィリエイトの記事のが起承転結の様な形で、分かりやすい文章になって行くのか?というと、

 

【評判やレビュー系のアフィリエイトの記事の場合】

 

1.冒頭の書き出し
・キーワードに対しての疑問のあぶり出し(再確認して貰う)
・相手の気持ちに寄りそう
・この記事を読めばどうなるか伝える

2.商品を購入したあなたの理由
3.実際あなたが使ってどう感じたのか
4.商品を使ってあなたが感じたマイナス評価ポイント
5.商品を使用してあなたがプラスに感じた評価ポイント
6.(5.)のプラス評価ポイントの証拠や裏付け、証拠の提示
7.他のサイト等の評判やレビューのまとめ(良いレビューや評判、口コミの情報を書く)
8.この商品を使った事によって得られたメリットやベネフィット
9.商品を購入したくなる+αの情報を提供
10.商品を購入したくなる+αの情報を提供
9.成約させたい購入方法を魅力的に案内する

 

この様な流れで持っていくと、評判やレビュー系のアフィリエイトの記事の場合の起承転結型になって行きますので、訪問者も読めば読む程興味が沸いて来て、深く読み込んでくれます。

 

これらの順番でストーリー展開していく事を頭の中で考慮した状態で、狙うキーワードで検索した際のグーグルの検索候補の下の方に出て来るワードと狙ってるキーワードのMIXで見出しを作り、上記の順番になる様な形で並び替え、見出し⇒記事、見出し⇒記事、見出し⇒記事と記載して行きます。

 

もちろんレビューや評判記事を書く時も、キーワード比率は5%以内(5%に近い程良い)、共起語は出来る限り網羅する、文字ばかりの単調な記事にならない様に、画像やテーブル等をしっかり使う、太字、赤、マーカー色等3種類ほど使い重要な部分が読者さんに一目で分かる様にして、しっかりまとめていく事が必要です。

 

レビューや評判の記事ももちろん検索エンジンからあなたのサイトに訪問者が入ってきた時に、記事を読み終えた時には、満足してくれて、あなたのサイトをバックで戻って検索エンジンで再検索をしたりせずに、スムーズに公式ページに飛んでくれる様な形か、またはあなたのブログやサイトの中の関連記事を見てサイト内を巡回してくれる形を作るのが理想の形になります。

 

アフィリエイトの初心者の記事の書き方(ランキング形式)

アフィリエイトの初心者の記事の書き方で悩むのが、通常記事、評判やレビュー系記事以外でよくあるもう一つのパターンがランキング形式の記事です。

 

ランキング形式も結構、商品の購入率が高く、ランキングの高い商品がやはり売れる様になります。

 

ただ私が思うに、ランキング形式というのはアフィリエイターが作るブログやサイトは、ほとんど商品の報酬単価の高いものがランキング上位になってしまう傾向があり、今後もしかすると、こういったランキング形式のブログやサイトというのは、一般検索ユーザーさんはグーグルやヤフーの検索エンジンの中で、大事にすべきお客さんですから、アフィリエイト報酬の高い順にランキングされている、信ぴょう性にかけるランキングは検索エンジンから弾かれてしまう様なアルゴリズムができるのでは無いかな?と私自信思っています。

 

ただ、それでもランキング形式で記事を作りたいという場合もあるかと思いますので、どういう風に書いて行けば良いのかテンプレート化したのが以下になります。

 

1.冒頭の書き出し
・キーワードランキング対象商品の裏側にある悩みのあぶり出し(再認識して貰う)
・相手の気持ちに寄りそう
・この記事を読めばどうなるか伝える
2.ダメな商品はどういう商品なのかを伝える
3.良い商品を選定する為の秘訣を伝える
4.対象商品を値段、中身、成分等で比べる
5.テーブル等を使いランキングを評価する(トップ5、トップ3位がおすすめ、選択肢多すぎると悩む)
6.あなたがランキング上位の商品を使った感想や気づき、体感して分かった事等
7.ネット上にある口コミや評判やレビューをまとめる(悪い情報→悪い情報を打ち砕く位の良い情報の順番で出す)
8.検索ワードの答えを含んだ+αの記事
9.検索ワードの答えを含んだ+αの記事
10.お得に購入する方法や公式ページへの案内、又はあなたのサイトやブログ内の関連記事への誘導

 

ランキング形式で記事を作りたいという場合は、上記のような形で記事を作って行くと上手くまとまります。

 

各番号はそれぞれの見出しの部分になるのですが、見出しのキーワードの選び方はやはり、グーグルで狙ってるキーワードで検索した時の検索結果下部に出て来る検索候補の単語+狙ってるキーワードのMIXです。

 

これらの単語を使って見出しを作ったら、上記の順番で見出し⇒記事、見出し⇒記事といった形で話題を出して行きながら記事を書いて行く事で、スタイリッシュに記事がまとまり、検索ユーザーさんも下に下に読み込んでいく程興味が沸き、商品の購入に繋がって行きます。

 

共起語の網羅性、キーワード比率、画像を適度に入れる等基本的な事はランキング形式であっても他の記事の作り方の場合と同じです。

 

アフィリエイトの初心者の記事の書き方で、かなりの方が悩む文字数に関して

アフィリエイトの初心者の記事の書き方を教えている中で、かなりの頻度で頂く質問が、何文字位書いたらいいですか?

というご質問。

 

この質問圧倒的に多いです。

 

この答をズバリお答えすると、

 

【そんなの考えてる時点で上位表示できない】

 

というのが答えです。

 

というのも、あなたが通りすがりの人に道を尋ねられた時、『何文字以内で説明しなければいけない』なんて思ってないですよね。

 

それと同じで、狙ってるキーワードに対して、何文字で答えが返せるという事を決められないです。

 

ただ、このアフィリエイトの記事の文字数が何文字で良いというニュアンスを掴んで頂ける、もっとも最適な表現があります。

 

それは、

 

『もうあなたのページをみただけで、検索エンジンを使って調べたかった事が全部分かり、満足してくれて、これ以上調べる必要が全くなくなるページ。』

 

です。

 

という事は訪問者さんの悩みだったり、調べたい事だったり、疑問に思ってる事を解決できる迄を最後迄詳しく書いてあげる必要があります。

 

具体的には、冒頭から見出し⇒記事、見出し⇒記事、見出し⇒記事を上記の様に繰り返し、何回位見出し⇒記事を繰り返せばいいのか?というと、何文字でOKという様なものはなく、【検索ユーザーの調べたいキーワードに対しての答えを十分に教えてあげる事ができて、もう検索する必要が無くなる迄で終わりです。

 

逆にダメなページの例を記載しておくと、検索ユーザーが検索結果からあなたのサイトやブログに訪れ、記事を読み短時間でブラウザのバックで戻って、あなた以外のサイトを見たりすると、あなたのサイトでは満足できなかったという評価になります。

 

またブラウザのバックで戻らなくても、同じ様な言葉でまた検索をかけて答えを探している場合も同じです。

 

この様な場合は満足できなかったページとなります。

 

良いページは、しっかり記事下迄読まれて、滞在時間が長く、検索ユーザーはそれ以上に同じ答えを探そうとして無い状態

 

この状態を作り出す事です。

 

ですから、アフィリエイトの記事の文字数に関しては、冒頭の書き出し、見出し⇒記事、見出し⇒記事を繰り返し、十分訪問者さんが満足してくれる内容をしっかり分かりやすく網羅的に書き、もう再度検索する必要のないページをしっかり作り込む迄が必要な記事の文字数になります。

 

アフィリエイト 初心者の記事の書き方でよく言われる、とりあえず100記事は嘘!

アフィリエイトの初心者の記事の書き方を解説してるサイト等で記事を見て行くと、とりあえず100記事を目指しましょうなんて記事がよくあったり、SEOの事を教えてるところ等に問い合わせても100記事位は必要だといわれる事も多々あります。

 

この根拠のない記事数100記事なのですが、果たして本当なのか?というと、極論からいうと100記事あればいいってものでは無く、実際はもっと記事を書いていく必要があります。

 

ただ大事な事は、中身の無い記事や、検索ユーザーに対してちゃんと答えを満足いく迄返せて無いページでは意味が無いという事です。

 

そして1度書いた記事は一旦書いてしまったら終わりという訳では無く、記事をアップして最初は好調でトップページに表示されていたとしても、しばらく半年、1年と時間を置くと順位が下がって来る時もあります。

 

そういう時は順位の下がった記事と、今の検索エンジンの検索結果1ページ目に出て来る他の方々の記事と比較して、自分の無料ブログ(WordPress)等を比べて、自分の記事の中に不必要な記事が入ってないか、何か足らない部分は無いのか?等を今検索上位表示できてるライバルサイトと比較して、記事を整理したりしてシンプルにしたりしたが良い者や、もっとしっかり書き足さなければいけないもの等を比べて判断して行きます。

 

ですから、とにかく記事を作って作って、毎日記事を書くという事も大事なのですが、数だけをそろえれば良いという訳では無いという事を意識される事をオススメします。

 

よくページ数が多い方がSEO的に強くなると思ってる方もいらっしゃいますが、見る人が居ないページがブログの中にある事は逆にかえってブログやサイト全体の評価を下げます。

 

極論を言えば、どのページもしっかり記事が書かれていて、どのページからも検索ユーザーの流入があり、どのページも検索ユーザーが滞在時間が長く、また他の同じ検索結果を見る為に離脱したりしない、再検索もしない、検索ワードに対して網羅されたしっかりとしたページを作る事。

 

一旦完成したら終わり等の記事は無いという事。

 

これが極論です。

 

そして1ページ1ページをしっかり丁寧に作り込み、100ページを目指すのではなく、ブログアフィリエイト、サイトアフィリエイトを始めたら、基本ずっと更新し続けニーズの高いページを可能な限り作り続ける事。

 

これが検索エンジンで上位表示でき、ブログやサイトがにぎわう為の、ブログやサイト作成の目指すところです。

 

ですから、アフィリエイトの初心者の記事の書き方の中で目指せ100記事!という感じで書かれてる記事をよく見かけますが、記事数には終わりはないという事、そしてページ数が多い中身の薄いページでは意味が無いという事、結論を言えばこれがとても重要なポイントとなりますので、この部分を意識されたブログやサイトの作り方をなさってみて下さい。

 

アフィリエイトの収益一体どの位どのタイミングで稼げる様になる?

アフィリを日々直接指導させて頂いてる中で、この質問もものすごく多い質問で、

 

『ビジネスとして取り組んで行った時にいつ、どの位稼げる様になりますか?』

 

という質問を頂く事も非常に多いです。

 

どれだけの道のりなのかを知りたい事だと思いますが、正直このあたりをはっきりは明示する事ができません。

 

というのも、みんなそれぞれスキルが違うし、経験も違う、理解度も実践する為の時間も違う、どれだけ広告費等にお金を書ける事ができるのか?そういう事も非常に大きく関係して来ます。

 

この質問は、あとどの位で東大に合格する事ができますかね?

 

という質問と同じで、そんなのやってみないと分からないです。

 

ただ参考な程に目安としてお伝えしておくと、アフィリでブログやサイトだけで稼げる様になりたいと思ったら、大体1年位はブログやサイトで情報発信して記事を書き続ける必要があります。

 

またブログやサイトの記事だけで稼ごうと思ったら、大体しっかりと書いた記事が300記事、400記事と少なくとも必要になって来ます。

 

SEOは日々の作業が蓄積されて、沢山のページが検索上位になって来ると、個人でも月間100万PVも狙える様になるとんでもない媒体に仕上がって来ます。

 

ただそこまでガッポリ収入を稼ぐ事ができる様になる為には、現実的には、上記のテンプレートを使ってガッツリ記事を書いて少なくとも月間数万アクセスが入る様になる迄は、ホワイトハットのブログだけで仕事としてとらえて食べ続けていく事は現実的に不可能です。

 

そうはいっても、遠いなと思って何も仕事として取り組まない事には何も変わらないので、1つのブログで沢山の人が集まる様にホワイトハットSEOでやっていくなら、気長にコツコツ記事を書いていく必要がありますが、参考な程に私がどうやってネットビジネス専業になって行ったのか?という事もお伝えしておきます。

 

アフィリエイトの収益をどうやって伸ばして専業になって行ったのか?

私がアフィリエイトで上手くいって専業になって行った部分を記載しておくと、ドメインを取ってブログを作りながらメルマガをやっていました。

 

ブログ+メルマガです。

 

ブログに集まって来る読者さんをメルマガに登録して貰い収益化する方法ですが、メルマガは一見難しそうに思われがちですが、ブログよりも簡単で、収益になるスピードも速く、数か月で当時働いていた月収を越えていたんですね。

 

私の場合はアフィリ報酬が未確定で18万位になった時に、仕事を辞めてしまったので、それが私にとっては他に選択肢が無かったので良かったのか、更に加速する事になったんですね。

 

そこから何をやっていたのか?というと、もちろんSEOとかPPCとかメルマガとかSNSとかやっていますが、特にどのジャンルに最初力を入れていたのか?というと、メルマガ7:ブログ3位の比率で、ブログとメルマガを更新して情報発信していました。

 

今もやはりその位の比率でアフィリエイトを取り組んでおりまして、こういった情報商材系や、物販アフィリエイト等を行っています。

 

ですので、一番稼ぎやすいのは、ブログとメルマガです。

 

ブログだけでは、収益化してブログだけで生きていける様になる迄かなりの時間がかかりますので、それをカバーするのがメルマガなんだと思って頂ければ良いです。

 

ですからあなたの背中を押すなら、できればブログだけではなく、メルマガを同時に構築していくのが一番良いです。

 

アフィリエイトの初心者の記事の書き方をマスターするだけで、短時間で稼げないのか?

アフィリエイトの初心者の記事の書き方の中で、メルマガをやると収益性が高い事は分かった。

 

しかし仕事の関係で住所や名前を明かす事は出来ないし、どうしても今導入したくてもなかなか今は取り組めないという場合、他にそこそこ稼ぐ事ができる収益性の高い方法をお伝えします。

 

メルマガ等を除外した時、スグに稼げる方法を考慮すると、物販アフィリエイトを上記のテンプレ―トを使って上記の記事作成方法で行い収益化する方法です。

 

例えば月収30万円の仕事をサラリーマンでなさってて、アフィリで毎月今の給料位収入を得たいなぁ・・・と思われた場合、例えば1個売れたら3万円位貰える商品等を成約させたりすると、月に10個、厳密には承認、非承認があるので、15個位売る事ができれば30万円程の収入を超えていく事ができます。

 

地道に月に3万円位稼げるサイトを10個位作るというのも、本業と同じ位アフィリで稼ぐ事ができればという目標を達成して行ける様になります。

 

これらの方法があなたがアフィリをこれから学習されて大きく収益を上げていく事ができる方法ですので、ご提案になりますが、確実に高い報酬を獲得できる方法のご提案になりますので、どうにかして稼いでみたいという場合は、メルマガ+ブログもしくは、ブログやサイトで物販アフィリのどちらかをお選びになられると、かなり早い結果が出て行きます。

 

アフィリエイトの初心者の記事の書き方 記事ネタの探し方

これからインターネットを使って収益を得て行きたいと考えてるアフィリエイトの初心者の記事の書き方を考えた際、どういう記事を書いて行けば良いのか、ネタをどうしようと考えて煮詰まる事も多いと思います。

 

実際私もアフィリエイトの初心者で記事の書き方を勉強してた初期の頃は、次何を書こうと悩んでて、記事ネタが無いと思ってた頃がありました。

 

基本的な事を言えば、アフィリエイトの初心者の記事の書き方は、小さな成功体験を積み上げていく事です。

 

上記でどういう風に記事を書いていくというテンプレート的なものは出したので、後はそのテンプレートに基づいて肉付けしていくだけですが、頭の中では分かっていても、実際実践してみないと分からない事や見えて来ない事があります。

 

その為最初はレベルの低いライバル数の少ないキーワードから狙っていく事です。

 

例えば

 

アフィリエイトとグーグルで検索した時に、検索結果の下に
約 92,100,000 件 (0.40 秒)←この数字は検索するタイミングによって微妙に変わります。

 

と出て来ますが、この数字が少なければ少ない程、ライバルが少ないという事です。

 

どうやったら件数が少なくなっていくのかというと、

 

アフィリエイトという単語1つのキーワードを上位表示したいキーワード選定として選ぶのではなく、

 

アフィリエイト 初心者 教材
約 804,000 件 (0.54 秒) の様にライバル件数が少なくなる『アフィリエイト』『初心者』『教材』という3つの単語の複合語、もしくは、4つの単語で構成される複合語を上位表示を狙うキーワードとして選定して記事を書いていくのが良いです。

 

もちろんやる事はライバル件数が多くても少なくても同じなのですが、跳び箱を全く経験が無い状態からいきなり12段とかにトライしようとしたら、頭の中で跳び箱の飛び方を分かっていても実際やってみると飛べないのと同じで、最初は1段、2段とレベルの低い所からチャレンジして、まずは上位1ページにあなたの記事が入り込む感覚を体で覚えていく必要があります。

 

では具体的にどうやって探して行くのかを具体的にお話しして行きます。

 

例えばあなたが『ディズニー』の事についての記事を書きたいとします。

 

その際『ディズニー』というキーワードを以下のツールで多く検索されてる関連キーワードを探して行きます。

 

このツールは検索エンジンで検索される事の多いワード(検索サジェスト)を抽出するツールです。

 

http://www.related-keywords.com/

 

検索すると沢山のキーワードの検索結果が出て来ます。

 

この中から、あなたが話題にしたいキーワードを選ぶのですが、先ほどお伝えしたように、3語、4語といった複合キーワードを始めのうちは中心に選んでいきます。

 

複合キーワードになればなる程、SEO対策が楽になって来る為です。

 

こうやって記事ネタを決めて行きます。

 

記事ネタの決め方はこれだけではなく、ある程度慣れてきたら、グーグルアドワーズの中にあるキーワードプランナーを使ってキーワードを探したり、上手くなればなる程ライバルが少ないけど、売れるキーワードを見つける事ができたり、3語、4語ではなく、2語の複合語、複合語ではないキーワード等も制作したページを上位表示できるようになってきます。

 

しかし最初からそんな事ができる訳では無いので、最初は簡単なキーワードを中心に記事を作って行って、とにかく記事を作るという行動をする事です。

 

アフィリエイトで稼いでる人は、例外なく普通の人よりもはるかに多い作業をこなしていて、それが何年も蓄積された結果、ブログの記事更新たった30分程で月収100万円以上なんて事になります。

 

最初からほんのちょっとの作業でわずかな時間、わずかな作業量だけでは絶対的に大きな報酬にはなりませんので、とにかく時間を使って作業をする、もしくはお金を使って作業をしてもらうという事を行って下さい。

 

アフィリエイトの初心者の記事の書き方をマスターして、外注化で強力収益化

アフィリで大きく収益化したいと思ったら、まずアフィリエイトの初心者は記事の書き方をしっかり覚えて作業を沢山行う事です。

 

本当に沢山の作業を行ったもの勝ちで、ブログの更新はもちろんの事、FacebookやTwitterやKindle出版等色々な分野で情報を発信し、ご覧頂ける読者さんを増やし人を集めていく事になります。

 

ブログだけを頑張っているブロガーさんやライターさんとは違って、アフィリエイターさんは、総合的に色々な媒体を攻めていく必要がありますので、どうしても時間がある方の方が有利になって来ます。

 

じゃあ、会社勤めやバイトをしてたら、今からアフィリに参加しても無理なんじゃないか?と思われる場合もあるかと思いますが、そんな事はありません。

 

今活躍してるアフィリエイターさんもみんなあなたと同じ時間も無い、収入も少ない状態から稼げる様になっていった方がほぼ99%です。

 

みんなどうやって、初心者さんから中級者、上級者になって行ってマネタイズスキルを磨いているのか?というと、日々勉強するのは当然なのですが、作業時間の確保です。

 

これは何もあなたが作業時間を沢山確保しなくても、アフィリエイトの初心者の記事の書き方を覚えたら、外注さんを使ってブログの記事を更新していくのが良いです。

 

特に最初はいきなり会社やバイトを辞めて作業時間を確保していくというのはかなりハードルが高いのです。

 

じゃあ、どうするのか?というと、自分の代わりに作業を行ってくれる外注さんを探して、あなたの代わりに作業をして応援して貰うというのがベストです。

 

ランサーズやクラウドワークスを使用して、記事作成をお願いすると記事を書きたい人が沢山ヒットして来ます。

 

そういう方々にブログやサイトの記事本文を書いて貰って、あとはあなたが上がってきた記事をコピーチェックや構成を確認して実際に記事をブログに挿入していく作業を行っていくと良いです。

 

ただ外注さんにお願いする際、やはりあなた自身がブログの本文の記事をどういう書き方をすればSEO的に上がっていくのかがしっかり分かっておく必要があります。

 

ここがしっかりできてないと、外注さん募集依頼を、クラウドソーシングに出稿してライターさんを集めても、依頼すればする程赤字になって行きます。

 

記事の書き方、内部リンクの貼り方等しっかり教育を受けて学び、分かって来たら、実際にあなたが実践して、次から次に上位表示ができる様になる迄は最低でも記事の書き方や構成のセンス等も一緒に磨いて行くと良いです。

 

そのあたり迄かなりできる様になってきた時には、外注さんを使って、記事を書いて行って貰う事も可能ですし、外注さんをまとめる役割を担ってくれる外注さんを見つけて、みんなから上がってきた記事を一人の外注さんに集めて、その方に記事を投稿して行って貰うという事もできるようになってきます。

 

ここまでなって来ると、自動で記事がどんどん投稿、掲載できる様になってきます。

 

アフィリエイトブログを運営するにしても、かなりの数とかなりの量をこなせるようになってきますので、そういった視点で拡大させていく目標を持ってアフィリエイトの初心者の記事の書き方を勉強して行くと、専門的な分野でhはありますが、とても楽しくなりますよね。

 

アフィリエイトの初心者の記事の書き方の見本を全部お見せします

せっかくですから、アフィリエイトの初心者の記事の書き方を共有してどういう風に記載したらいいのか、見本を見てみたいですよね。

 

そこで、普段私が直接ライティングしてる記事を公開したいと思います。

 

その記事はずばり、このブログの全ての記事が見本となります。

 

全部上記でお伝えした記事の書き方をズバリ実例に見せる事ができるように文章を書いてるのがこの方法です。

 

装飾の仕方は基本、黒、黒太字、赤、黒+マーカー色、時に赤+マーカー色位です。

 

アフィリエイトリンクは出し過ぎないのが特徴です。

 

どうしてもアフィリエイトリンクを出し過ぎると、訪問者さんもセールスをバンバンされてる感じがして嫌になってしまうので、控えています。

 

あと特徴としては、実際に必要な記事の中に自分の経験や体験を織り交ぜて、オリジナリティ重視で書いています。

 

もう一つはこの記事を見て頂いて分かって頂ける様に、基礎から応用等迄、稼ぐ為のノウハウ等はもったいぶらずに、どんどん公開して行くという事を大事にしています。

 

やっぱり肝心な事を教えてくれないブログは、誰が見てもなんか満足できないブログになってしまいますし、どうせなら、全部全てを包み隠さず公開して、吸収して頂けたらなと思ってノウハウのほとんどを公開しています。

 

コピーライティングに関しては、私はよく頻繁に勉強していますが、基本的に月に100万円を稼ぐ位迄はコピーライティングはほとんど関係なくて、それよりも、アフィリエイトの初心者の記事の書き方をマスターしたら、日々記事をコツコツ書いて行って、メルマガ会員を集めていく、これを頑張り続けるとかなり成果が出るスピードも速いです。

 

楽天やAmazon等のアフィリエイトも悪くはないのですが、フリーランスになって大きく稼ぎたいという場合は、やはりブログ+メルマガで運営していくのが収入は最も大きくなり、あなたがアフィリエイトを取り組まれた時に、もっと収入を増やしたいとか、時間が欲しいとか色々思われたと思いますが、この2つを頑張ると自己実現ができて行きます。

 

アフィリエイトの記事を、販売サイトから購入して稼ぐ事は現実的に可能なのか?

アフィリエイトの記事って、書くのがめんどくさいし、リライトするにも大変。

 

誰かやって貰えないだろうか?とパソコンのウインドウを見ながら、日々思ってる人も多いと思います。

 

実際私も誰かに書いて貰えるなら凄く楽だし、良いよねと思って、大手クラウドソーシング等、外注さんを支援してるサイトで記事を依頼した事があります。

 

その数は100人近いのですが、基本的に外注さんだけで完全に勝手に記事が完成し、上位表示できる記事を書くというのは不可能です。

 

というのも、今の検索エンジンのアルゴリズムは、かなり記事についての専門的な知識が無いと無理で、尚且つSEOのの知識が必要です。

 

例えば共起語を網羅する事や見出しの作り方、キーワードを挿入していく場所と間隔、キーワード比率等ある程度、SEOに関しては、コンサルする事も出来る位の勉強が必要になって来るんですね。

 

そういう専門的な記事が書けて、共起語を網羅してくれて、どういう文章を書けば検索エンジンで上がるという法則を知ってる外注さん派、ほぼ皆無に等しいと断言できます。

 

ですから、完全にあなたがほとんど作業をせずに、勝手に記事ができて行って、勝手に収入が入り続けるという媒体をアフィリエイト記事の販売サイトから購入して、ブログやサイトを運営していくのは、かなり難しいです。

 

ただ、アフィリエイトの記事を、販売サイトから購入して上手く使っていく方法はあります。

 

それはあなたが知らない事、例えば、大学受験のサイトを作ってて、経済学部を目指す人に対してのブログを作っていたとして、大学に仮に行った事が無い場合は、この記事を作るのは非常に難しいです。

 

ですが、実際経済学部を卒業した人は、この大学受験で経済学部を目指すにはどうしたらいいのか?等もかなり知っています。

 

その為、一度記事を書いて貰って、それを納品されたら、更にそこから複数の共起語を、各段落ごとに読みながら、できる限り挿入して行きます。

 

この様な使い方であれば、本来であればなかなかうまく書く事ができなかった文章の元を作って貰う事ができ、あとは、実際に書いてもらった納品された例文を見ながら、使えるところはそのまま使って良いですし、別の共起語を入れる事ができるならその言葉をリライトして行って記事を完成させていくという使い方をすれば良いです。

 

このやり方なら、あなたが育毛の事にたとえ詳しくなくても、育毛をトライした事がある人に記事を書いて貰って、問題提起して貰って、訪問者さんに刺さる記事を書いていく事ができますし、たとえば青森県にあなたが行った事が無くても、青森の人に青森の記事を書いて貰う事ができます。